― うるし ― 祀り
   創業明治40年
飾磨砂川 創業元禄
   ― 祭り   砂川仏檀店
http://www.urushinuri.com




7月24日

祭りシーズン到来を告げる屋台蔵の虫干し。

7月に入り、播州では各週末ごとに各地で行われています。



祭りを囲む風景は、いつか見た情景。
きっと百年前ともたいして変わらないからこそ
自ずと心に馴染み、人は惹かれ人は集うと感じます。




 練り合わせ時に入ったと思われる水切りの傷み。
 祭りまでに直します。

写真は妻鹿屋台蔵です。

塗師として初めて、私が一から十まで手掛けた屋台屋根です。

妻鹿と言えば『胴突き』ですが、
練り合わせ等の損傷のほかは目立った傷みも無く、八年目を迎えます。


一年でも長く、持ちますように。







神輿は金箔押しまできました。
まもなくです。


総金ということで、
箔下には黄色の漆を塗りました。







(扉オモテの胴摺り)
 
(宮殿[くうでん]周りの箔押し)
お洗濯の仏檀は完成間近。
 
蒔絵・錺金具・仏具の色付も
上がってきており、

あとは漆の蝋色(ろいろ)と
本体脇板・扉の金箔押し、
のみ。

今週末に組み上げ予定です。





こちらはミニ屋台。



どうしてもやりすぎてしまいます。
というよりやるからには完成度を
上げないと。



正直、まったく値段が合っていませんが
喜んで頂くのが目的なもので、。

日々、『勉強』です、、。








はじめてご来店の方へ



  こんな店です
 
 
こんな塗師です
(スタッフ紹介)




17/7/24ギャラリー(gallery)
記事latest up - 17/2/9


仏 檀 の 部 屋

new-祭 り の 部 屋






 
 裏 砂 川 仏 檀 店
           
お問い合わせ ・ mail




new! 17/2/6 L  i  n  k




砂川 の  漆  


『心を晴れやかにする輝き』

 

 『心を落ち着かせる深み』



『華やかな存在感』 と 『溶け込む佇まい』


人の心を豊かにすること。
奇を競うことのない、日本の美。

祭りの賑わいも、静かに手を合わせる静粛も。
それはいつもの景色を一変させます。


変わらない価値の調和。

大切なものがある、あなたの想いに寄り添います。




― 近道をしない仕事 ―

当店で造るものはすべて下地から上塗りまで天然漆です。






平成二十八年度、祭礼 漆塗り

高岳神社 北今宿屋台 屋根








北山田屋台 高欄・四本柱







漆塗りを見て頂ける実物の屋台がございます。





 古い屋根の四面中二面、
水切りより上を漆塗り修復しました。


屋台等の漆塗りをご検討されている皆様、
いつでもご覧頂けます。
お気軽にお越し下さいませ。







平成二十七年度、祭礼 漆塗り

高岳神社 西今宿屋台









中島天満宮 中野田屋台








正八幡神社 宮脇屋台






松原八幡神社 東山屋台









平成二十六年度、祭礼 漆塗り

福崎 井ノ口屋台






太尾村 露盤彫刻








当店は漆以外の塗料は使用しておりません
 砂川仏檀店  砂川漆工芸
  仏檀製造・修理   神輿・屋台・獅子頭・その他塗箔

〒670-0033 
兵庫県姫路市西新町156
рO79−292−8602
fax079−294−8566

砂川仏檀店―仏檀製造販売

仏壇 漆 塗り 修理 修復
祭り 屋台・神輿・獅子頭・その他 塗箔
兵庫 姫路
管理者 : 砂川 隆
このページはリンクフリーです。
段落等が不自然な場合、[表示]で文字サイズ(フォント)を小 以下にしてご覧ください
Netscape Navigator 3.0、Internet Explorer 3.0 より古いバージョンでは、正しく表示されません
また、Netscape Navigator 4.0 では背景色や背景画像などが正しく表示されません