私信

怒涛の二カ月

 

一カ月半開いてしまいました。

公私要件が集中していました。

 

京都行き。

帰りに乗せたオランダ人ヒッチハイカー、アリスター☆

屋台文化保存連絡会、総会手伝い。

船場小学校PTA総会・理事会等。

PTA歓送迎会。

初出場、雨の消防操法大会。

曽根南之町屋台部、説明会。

船場小学校運動会。

おもだった行事、それぞれの準備等も含めるとなかなかのボリュームでした。

 

もちろん漆塗りの仕事も鋭意進めております。
公の用事で抜けた穴は夜なべして埋めてます。
日曜旗日も休まず手を動かしています。

次回は仕事の進捗を紹介させて頂きます。

 

では消防の水防訓練に行ってきます。
(頼まれたら断れない・・・)

 

私信

消防、操法大会

 

前も書きましたが、
去年から地元消防団に入りまして、ことしは標題の操法大会があります。2年に一度らしいです。

今年度は本業が立て込み、大会出場は遠慮させて貰いたかったのですが、齢45、次回は更にオッサンになるので今より若いときはない、というのと、メンバー構成的にも断れないようになり、選手になることになりました。

 

2月下旬より、週二回、夜に集まり練習をしています。

なかなか大変です。
・・、泣き言はやめときます。

 

いやぁ、なかなかの文化ですね、操法って。

先輩曰く、ロボットになるんや、と。笑

確かにYouTube の動画などを見ていると整然とした動きはまるで機械のようです。

動く前後には一度「気を付け」をする、とか、そんなことより早く水を出した方がいいように思いますが、これも歴史あってのことで、全て意味のあること、のちのちに活きてくることなんでしょうね。
泣き言はやめときます。(二回め)

 

練習を始めて一ヶ月半が経ち、大方全容を把握出来てきました。覚えれば覚えるほど、なるほど、少し楽しくなってきます。

先輩曰く、
大人の運動会や、めちゃ楽しいがな、出れるんうらやましいがな。

どうぞ出てクダサイよ、とも言えず。笑

いえ、ほんと出るからには、と本気で練習しています。ほんまです。

 

先日は、初めての水出し訓練をしました。

区域内の船場川です。

これが大変でした。

その頃色々重なっていて少し無理をしていたのと、寝不足で体調万全ではない日々でして、水出し訓練ということで下半身がびちょびちょに水浸しになってしまい、

あっというまに悪寒。

皆さんに顔色悪い顔色悪いと言われ出し。立ってられないくらいフラフラしてきました。

また寒い日でして。

詰所に戻ってからの片付けもこらえてもらって、自転車を押して帰りました。自転車乗って受ける風もムリな状態。
悪寒アカン(ゆうてる場合ちゃう)

 

家に着き、倒れこみそうなのを奮い起こし、熱い風呂に入って、一晩寝たら治ると息巻いたものの、、

10年ぶりのインフルエンザでした。

次の週4日つぶしました。痛い。

思うに、誰しもウィルスは身体に入るもので、元気なら負けずにやっつけるんでしょうね。このたびは負けました。

はい、泣き言はこれくらいで。

 

仕事がんばります。
(旧サイトの日記調になってしまいました^_^;)

操法大会は5月13日 日曜日です。

 

私信

本分

 

先週はじめに、うちの近所で火事がありまして、遅まきながら消防に入って2年目、初めての現場出動をしました。

結果的には火が出るまでには至らず、事なきを得たのですが、その現場で友人に会いました。

その友人は本職の消防士。

あ、お!、って感じで気づいたその彼の姿は格好良かった。様子を伺っているとどうやら隊長のようで、テキパキ周りに指示を出してました。

もともと立派な体格、その上に本職ならではの防護服や各種装備を満載したその佇まいは本当に格好良かった。

けどそれは表層。

見た目だけでなく、私がそう感じたのは他でもなく、彼の本職のその本分をこなしている姿そのものでした。

本分。それに向き合う姿勢は美しい。

Vice versa.
逆も、真なり。

人にはそれぞれ輝く場所があって、その輝く場所が本分である、と。

それは『呼ばれた場所』。

 

いやあ、ほんとうに素敵でした。

 

私信

冬空

またまたラッキー。

コウバのホイスト、下まで行かないんですが、曽根南之町の屋根を、斗組と井筒を外した状態で下ろそうとしたら、ちょうどピッタリ下限で床に届きました。

助かります。

 

さてコウバの外は雪がチラチラ。
北の方角を見ると雪雲、奥の方の山は白み掛かっている様子。

近くの夢前川は凍り始めてました。

一方、南の姫路方面は青空。

姫路の職場から見た北の空。

連日よく冷えてますが、ことしはまだ積雪はありません。
姫路はほんとに住みやすい良いところです。

 

私信

ヘラを置き

この一週間は本業の進捗がかんばしくありませんでした。職人といえども一事業者。

平成29年度分の税金云々で時間を取られてしまいました。
今後のことを想ってインターネットでの申告(ELTAX)を図りましたが諸々の壁により断念。
手書きで申告をしました。デジタルはたいへんですね・・

国民一人ひとりの納税で国や地域が回っているのは当たり前ですし、よく分かっています。
いつも思うのは、一部の不正を働こうとする人たちを防ぐために発生するコストがとんでもなく掛かっているんだろうな、ということ。正しい納税を守るためのコスト。これは何も生み出していませんよね。この歳になって絵空事を言うと笑われますが、みんながちゃんとしたらその無駄省けますのに。

余談ですが、かつて15年くらい前だと思いますが、ひょんなことから大阪国政局から『国税モニター』という役を仰せつかっていたことがありました。

そのとき国税のお偉いさん方との会合の中で、ある職員さんが「税金の取りっぱぐれがないように、、」と話されたことがありました。その方は、あっ、という顔をされ、すぐに言い直されていましたが、徴収する側の方々の意識を垣間見た瞬間でした。

われわれ国民は「みんなで良い国、いい町を守るためにきちんと納める」
行政の方々は「皆さんから集まった大切なお金」
と、思えるようになりたいですね。

 

さてヘラを置く、というと先週の土曜日に漆のお話しに出掛けていました。

姫路市文化財保護課からのお声掛けで、姫路文化財保護協会会員さんを対象にという講座でした。
文化財、なんてたいそうなことは話せないので、自分の知る範囲の漆の話しや普段からの取り組みをお話させて頂きました。

職場の漆塗りは止まりますが、漆に少しでも興味を持って頂く良い機会になればうれしいですし、自分の中でも考えが整理できたり、プラスも多いです。なおかつこんかいは新たなご縁を二つも頂きました。とても有り難いことです。

 

出会い、は「出て会う」。

じっくり座って向き合う職場の作業も、出掛けること(発信)も、どちらもとても大切です。

 

私信

誰かがしてくれていた

新年ということで行事が続きます。
きのうは消防出初め式、きょうはとんどでした。

消防は昨年に入らせてもらったとこなので、初めての出初め式。祭りの盛んな地区の方とこの話しをすると、え、いまからかいな、と笑われます。ワイら、30代で団長もしてもう抜けたで、と。

我々の地域ではこの歳でというのはよくあるんです。

さて、新入りだからということでしょうか、旗持ちを託されました。

なんともらしさがない情けない感じです、。

青空のもと、日向であれば言うほど寒くない天気で清々しく参加することが出来ました。

 

変わってきょうは朝から雨。小学校校庭でのとんどは中止となりましたが、体育館にて各種舞台とお餅・豚汁などの振る舞いがありました。PTAの役をしてるので世話方です。

PTAは丸3年になります。入ったとき思ったのは、今までどなたがして下さっていたんだな、ということ。これは消防でもそう、どんな役目でもそうですよね。

4月から娘が6年生。恩返しのつもりであと一年全うしようと思っています。

 

そうそう、餅つきの臼はケヤキのものでした。


歌口(笑)2尺。ついつい祭りの太鼓のことを想い浮かべ、昨今の相場を考えるとこれもそこそこエエ値がするやろうな、などど周りと盛り上がりました^^

さあ、戻って仕事します。

 

私信

テレビ

普段テレビは見ないのですが、プロフェッショナルと情熱大陸、それとおぎやはぎの愛車遍歴(笑)だけは録画しています。かなり前から、あまりに録画機本体のハードディスクの容量をくってるからなんとかして、とたびたび言われておりまして、正月休みにディスクに落とすという作業、(なぜこんな言い方をするかというとしたことがないからです)をしました。

近くの電器屋さんでまずディスクを買うところから話しますと、まずその容量に驚きました。100GBて。4.7ちゃうかったっけ、とよく見るとBDと。あぁ、これが噂の『ぶるーれい』やな、とニヤケました。100GBもあるなら一枚でいいかと思いましたがそんなに高くもなかったので三枚パックを購入。

帰宅し、いざダビング、(カセットテープ→カセットテープの中学時代を思い出す。懐かしい。)とおもって選択をし始めるとびっくり、なんと2014年の年末から溜まりっぱなしでした。

而して二枚分完了。いまようやく2017年の春まで来ました。これでまたしばらく放置できます^^

いつ観れるやも分かりませんが場所を取るもんでもなし、なんだかスッキリとしていい気分です。

 

あと、正月番組いくつか観ました。

そのなかで、誰もが憧れる有名人でも「誰かに嫉妬する」的な内容のものをたまたまやってました。印象に残ったエピソードがふたつ。

オリンピック柔道60kg級で金メダル三連覇をした野村さん。元々好きな選手でした。その野村さんが恩師(指導者)の方のことを話されていました。あるオリンピックで自分が金メダルが決まった瞬間、恩師を探して駆け寄ろうとしたらどこに目をやっても見当たらない。曰く、賞賛を受けるのは選手だけでいい、とその恩師は決勝の試合の終了と同時に会場を後にされていた、と。あの恩師には、嫉妬というか追いつけないな、と思われたそうです。

もうひとつ。音楽の世界で一時代を席巻した小室哲哉さん。かつて自分の番組に吉田拓郎さんを招いた時のこと。吉田拓郎さんは終始歯に衣着せずに本音で話し、小室哲哉さんにとっては厳しい言葉が並んだそう。その収録が今まで一番凹んだと。その後月日は流れ、小室さんが表舞台から離れ、全盛期からすると厳しい逆境に陥ったそんなとき、あるところで吉田拓郎さんに鉢合った。そのとき二人に会話はなかった。ただ黙って吉田拓郎さんは小室さんを抱きしめた。小室哲哉さんは涙が流れていた、と。

人を想う、ということ。とても心に残りました。

 

テレビも良いことしてますね。

 

漆塗り 仏壇, 漆塗り 屋台, 私信

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中はご贔屓にして頂き、誠に有難うございました。
ことし平成30年も今までと変わらず斯業に邁進してまいります。

本年度は、すでにたくさんのご依頼を頂戴しております。

急がず、いま目の前にあるものを丁寧に、着実に。
その先に喜んで頂けるお客様の顔を浮かべながら一歩ずつ進めてまいります。少しお時間を頂きますが宜しくお願い申し上げます。

新HPについて、いろんな方々から思った以上に様々なご意見を頂きました。その多くは好意的に受け止めて下さる内容でしたが、やはり、私自身も少し気にしていたご意見も頂戴しました。敷居が高くなったのではないか、というご意見です。

今回のリニューアルにあたっては、プロのWEBデザイナーはもちろん、カメラマン、さらにプロのライターさんにもお力を頂きました。

果たして、ご覧頂いている体裁が叶ったのですが、自分で客観的に見てもなかなかの雰囲気で、少々戸惑ったのも正直なところです。気遅れや気恥ずかしさと言いますか。

もちろん、仕事に対する何かが変わったということはなく、今まで通りこれからも何も余分なことはせず、かといって手間も省かず、まっすぐ漆塗りに向き合っていきます。
気位が高くなったなどということはまっったくございません。
(直接知って頂いている皆様にはよく分かって頂けていると思いますが)

いままで届かなかった皆様にうちのことをより伝わる形で発信したかった、
それだけです。

年末にも書きましたが、修正するところは修正し、追々内容も厚くしていきますので宜しくお願い致します。と言いますか、仏壇屋のHPにいつもこんなにも訪ねて下さって感謝感謝です。本当に有難うございます。

 

さて、年末年始ですが、
年末は大晦日まで走り回ったものの、明けて元日二日は親戚とのあいさつを交わし、久しぶりに何も仕事をしない時間を過ごせました。

きのう三日は、さあ仕事と思ってましたが、子供たちからリクエスト。ことしは秋まで休みが取れなさそうということもあり、正月くらいは、ともう一日ゆっくりさせて貰いました。

きょう一月四日から平成30年を始めます。

がんばります。

 

漆塗り 仏壇, 漆塗り 屋台, 私信

HP リニューアル

1999年の暮れ、手作りで開設した当店ホームページですが、18年を経てリニューアルしました。

自社サイトとしては結構な先駆けやったと思います。

まだ電話回線で接続していた時代。
パソコンを購入し、ホームページビルダーで見よう見まねで制作。

アップロードも大変な時間を要してました。

ちゃんと表示されるか、当時姫路駅前にあったNTTのインターネットのフリースペースに通い確認、懐かしい思い出です。

 

なかなか更新に時間を割けませんでしたが、なんとか今まで維持することが出来ました。

より多くの方に、より深くうちのことを知って頂きたい。その思いからの、こんかいの更新です。

この年跨ぎに間に合わせるため、まだ完全な形になっておりません。今後少しずつ、元々の情報を掲載し、充実していきます。

新たに制作した”厨子”についても、さらに画像や情報を掲載してまいります。

 

これからも私ども砂川漆工芸/砂川仏檀店を、どうぞ宜しくお願い申し上げます。