砂川仏檀店

いにしえより伝わる技、
絶対に近道しない職人魂。

良質な天然漆を何層も何層も塗り重ね、
幾人もの職人の手によって漆工芸は完成します。

ルックスと機能性を兼ね備えた美は、
丹念な技の積み重ねと心配りはもちろん、
守り継いできた歴史、揺るぎない信念、
経験や知恵から生まれます。

仏壇づくりの工程

01木地をつくる・・・木地師

檜、杉、松などの木材を芯からしっかり乾燥させて、寸法ごとに切断する木取りなどを行い、仮組みします。


02宮殿(くうでん)をつくる・・・宮殿師

屋根や柱、仏様を安置する須弥壇(しゅみだん)をつくります。
漆を何層も塗り重ねることを想定し、後で分解できるように設計するのがポイントです。


03木を彫る・・・木彫刻師

図案を考えて下絵を描き、荒削り、中彫りへと進みます。
花鳥、鳳凰、龍、獅子、天女などが木の中から徐々に立ち現れます。


04下地をつくる・・・塗師

漆塗りは、下地が命。まずは継ぎ目などを漆で埋める刻苧(こくそ)と、全体に生漆を吸い込ませる木固めを行います。
その後、砥の粉(とのこ)、地の粉(じのこ)などと漆を練り合わせた堅地(かたじ)と呼ばれるもので丹念に塗り上げます。


05漆を塗る・・・塗師

良質な天然漆を使い、ほこりが付かないように刷毛で丁寧に塗り込みます。
室(むろ)と呼ばれる空間で保湿しながら乾かして固化させることを繰り返し、下塗り、中塗り、上塗りと段階的に重ねます。
天然漆の特徴として、まず触れられる程度に固化するまでに数日程度かかるため、相当な手間ひまがかかる他、適切な温度と湿度の管理、見極めには熟練の技と経験を要します。


06表面を研ぐ・・・塗師

下地づくりや塗りの合間に欠かせないのが、研磨作業。何十種類もの砥石を駆使して面を平らに整えて、肌を据わらせます。
緻密な塗りの仕上がりを決める、特に重要な工程です。


07金具をつくる・・・錺(かざり)金具師

鋼材に鏨(たがね)を当てて槌(つち)で打ち込み、トントントンとリズミカルに刻みます。
多種多様な鏨を組み合わせることで、曲線や文様を自在に表現します。


08箔を押す・・・塗師

金を1万分の数mm程度まで薄く伸ばし、約11 cm角にしたものが金箔。
取り扱いに細心の注意を要するその金箔を1枚1枚、塗った漆の上に押していきます。
接着剤には天然漆を用います。


09彩色をほどこす・・・塗師

彫刻をより立体的に、あでやかに見せるのが彩色(さいしき)。
手間ひまを惜しむことなく、何色もの絵具を塗り重ねる独自の手法で表現します。


10蒔絵をほどこす・・・蒔絵師

色漆で文様を描き、金粉や銀粉などを蒔き付けるのが蒔絵。
華やかでありながら、気品に満ちた仕上がりに。


11組み上げる・・・塗師

いよいよ、最終段階。何人もの職人が魂を注ぎ込んだ何百、何千もの部品を慎重に組み上げて完成です。